2008年02月13日

The Delfonics / Sound Of Sexy Soul

del2.jpg

シングルヒットした 「Ready Or Not」 と 「Somebody Loves You」 が収録された、
デルフォニックスの2ndアルバム(69年産)。

傑作の上記2曲のほかにも、明るい曲調の 「You Can't Be Loving Him」 や、
もの悲しげな 「My New Love」、
アルバムの中の隠れた一曲 「Everytime I See My Baby」 が良い。

しかしながら、まだアルバムを通して聴くほどのクオリティには達しておらず、
その不満は次作、3rdアルバムで解消される。
posted by xylitol at 22:53| Comment(9) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by masato at 2008年02月15日 19:04
デルフォ特集ですね。
次は3枚目・・・?
Posted by at 2008年02月15日 19:52
masatoさんへ。
実はこのアルバム探してる1枚なんです。欲しいっす。

さんへ。
そーです。次は3枚目です。
デルフォいくとこまでいこうと思ってます。
Posted by xylitol at 2008年02月15日 23:54
始めまして!というよりいつもどーもです。
デルフォ特集という事で、参加させて下さい。最後の謎?巷で噂の?「裏デルフォ」についてです。

WILD HONEY/WHY DIDN'T I THINK OF THAT(U.K BRADLEYS)7 76年

さて、このお皿をご存知だろうか?クレジットはないが、唄っているのは「ミスターデルフォ、ウィリアム ハート」という話である。曲調ももろにデルフォというか確信犯的においしいとこばっか集めたような曲で、正直かなり良い。
ライターは、なんとVAN McCOY!さすがの手腕なのだ。
この時代の彼は、「ハッスル」ですでに世界制覇を成し遂げたちょービックな人、よってインチキくさい仕事は、出来ない、しないというのが私の考え。では何故ウイリアムのクレジットが無い・・・???
契約上の問題? お忍びのバイト?やっぱり単なる偽者?
実は、何人かの友人(デルフォファン)に聴いてもらったのだが、「独特な唄いまわし、癖、何より声も含め本人ではないか」という感想をいただいている。
さてさて、このお皿、近々BABY BABY BABYにでも持って行こうかと思っている。是非、皆さんにじっくり聴いていただきたいものだ。
因みにサウンドもかなり豪華、バックコーラスが、シグマレコーディングもあるフォーメーションズのカバーで有名なあのWILD HONEY! ほら!やっぱり本物だ!
正に「裏デルフォ」?!!!

Posted by J.C at 2008年02月16日 12:49
J.Cさん、アルツではお世話様でした。
いや〜〜〜〜聴きたい。裏デルフォ!
是非是非お店持って来てくださいまし。
ついでに置いていってもOKです。
Posted by at 2008年02月16日 22:48
J.C.さんへ。
昨日のアルツお疲れ様でした!

「裏デルフォ」情報すごいですね。是非聴きたいです!
ウィリアム・ハートとヴァン・マッコイとのつながりも気になりますね。

アルツやほかのイベントなどで、またお会いできるのを楽しみにしております。
そのときは相手してくださいませ〜
Posted by xylitol at 2008年02月17日 23:11
さんへ。

昨日はどうもでした。また近々お店に伺いますね。
「裏デルフォ」聴きたいっすね〜
Posted by xylitol at 2008年02月17日 23:13
WILD HONEY/WHY DIDN'T I THINK OF THAT(U.K BRADLEYS)7 76年

良さそう。聴いてみたいものですね。

Posted by zouky at 2008年02月18日 04:47
zoukyさんへ。
Bar Baby×3に行けば聴けるかも?!
僕も行って聴きたいです。原盤拝んでみたい・・・
Posted by xylitol at 2008年02月18日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83899128
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。