2007年08月29日

V.A. / "Talk to the Rain" Mainstream Soul Survey

TalkToTheRain.jpg

Mainstream、及びその傍系レーベル(\ Chains、Brown Dog)の、
グループもののお宝音源を集めたコンピ(2007年リリース)。

ほとんどの曲がシングルでしか聴けない音源ばかりなので大変貴重であり、
特にスウィート好きには格別な一枚ではないだろうか。

全19曲収録のうち、半数以上がスウィートソウルで占められており、
その素晴らしい傑作を取り上げてみると、

特徴的なファルセットと口ずさめる程のわかりやすいメロディーライン、
雨をテーマにした曲だからこそのコーラスワークが光るSpring「Talk To The Rain」や、
よりファルセットを強調した泣き虫度の高い、同じくSpring「Look To Me Baby」、

少しもやのかかったようなサウンドの上で、男女2人が甘くささやくように求愛を唄う
Spectrum「Let's Fall In Love」、

せつないメロディーを助長するファルセットにヤラれる
The Fabulous Determinations「Don't You Make Me Blue」、

説明不要のSpecial Delivery feat. Terry Huff「The Lonely One」、

他にも、Spring「You're So Hard To Forget」やChocolate Syrup「Just In The Nick Of Time」、
Steptones「Don't You Want To Fall In Love」と良曲・好曲ぞろいでまいってしまう。

そして、このCDのもう一つの売りともいえる
Dramatics(The Dramatic Experience)の4曲も大変素晴らしく、
特に、ウィー・ジーの荒々しいバリトンに「艶唄」という2文字を連想してしまったバラードの「Feel It」や、

ロン・バンクス似のファルセットとウィー・ジーとのからみ、
本家ドラマに引けを取らないコーラスワークが堪能できるアップの「No Rebate On Love」と最高だ!

こんな素敵なコンピを作ってくれたP-Vineならびにスタッフに、
再び感謝感激です。
posted by xylitol at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは僕も買いましたよ・・・。
日本盤でこれだけのスウィート・コンピは
快挙なくらい素晴らしいっすよね。
Posted by at 2007年08月30日 01:39
さんへ。
>日本盤でこれだけのスウィート・コンピは
快挙なくらい素晴らしいっすよね。

私もそう思います。
P-Vineの仕事ぶりは目をみはるものばかりですね。
それらをおっかけてるだけでも大変なんですが、これからももっともっと良質なCDを出してもらいたいモノです。
Posted by xyli at 2007年08月30日 23:19
ちょうど私も今日レビューしようと思ってたところでした。名コンピですね。監修・鈴木啓志ということだし、解説を読むと鈴木啓志さんが選曲した感じですね。
Posted by zouky at 2007年08月31日 05:39
zoukyさんへ。
スウィート一辺倒にならないあたりが、鈴木さん監修といったところなんでしょうね。
zoukyさんのレビュー楽しみにしてますです。
Posted by xyli at 2007年08月31日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53194395
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。