2007年06月03日

Whatnauts / On The Rocks

whatnauts3.jpg

ホワットノウツの3rd(72年産)。
先日アナログの再発盤にて2ndと共に購入。

Pro.は甘茶大王ことジョージ・カーと、もう一人、マイケル・ワトソンの2人の連名になっている。
推測ではあるが、全8曲中5曲(1,3,4,6,8曲目)のスウィート路線をジョージ・カーが、
残り3曲(2,5,7曲目)をマイケル・ワトソンが、別々にプロデュースしているのではないかと思う。

全体のサウンドは前作と同様、妖しくも魅惑的なニュージャージー・サウンドが堪能でき、
「You Forget Too Easy」や「Hurry Up And Wait」といった、
ジョージ・カーオリジナルのやるせなさ満載の楽曲や、
明るく軽快な調子ながらも、なぜかせつなくさせるシャッフルビートのダンサー「Blues Fly Away」、
スモーキーロビンソン&ザ・ミラクルズの原曲を、
より黒くこってりと煮込んだような深い味わいで聴かせる傑作カバー「Ooo Baby Baby」
と素晴らしい出来だ。

またマイケル・ワトソン作のファンク調の「Heads Up」や「Why Can't People Be Colors Too?」は、
スウィートとはまた違った彼らの一面が見てとれて、非常に興味深い。

P.S. ジャケが2ndと同じ服っていうのが、手抜きでいいっす。
posted by xylitol at 23:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに手抜き・・・そこがまたたまらないところでなね。
これCD化されてましたっけ?この辺ももう一度CD化すればいいのにね・・・
Posted by at 2007年06月05日 20:15
さんへ。
衣装じゃなくて、普段着っていうところもミソですね〜

ホワットノウツの3枚のアルバムは、一度10年ぐらい前にP-VineからCD化されてます。
当時はベスト盤あればいいかな、と思い購入を見送ったのですが、
今思うと買っとけばよかったと、ちょっと後悔してますです。
Posted by xyli at 2007年06月05日 23:51
あぁ〜そうですか・・・ この3枚目だけCD持ってないや。残念・・・
Posted by at 2007年06月06日 01:07
さんへ。
1,2枚目のCDあれば十分だと思いますよ。
中古でもかなりの値がつきそうな銀皿ではないでしょうか?!
Posted by xyli at 2007年06月08日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43780649
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。