2007年05月14日

The Lost Generation / The Sly, Slick And The Wicked

lostgeneration1.jpg

シカゴ出身の4人組コーラスグループ、ロスト・ジェネレーションの1st(70年産)。
先日再発LPにて購入。

プロデューサーはシャイライツのユージン・レコード、
アレンジメントはトムトムことトーマス・ワシントンが担当。

正統派シカゴサウンドに、ほのかに甘さを漂わせた作りになっており、
メンバー4人とも若いながらも、全面に押し出したコーラスワークのレベルが高く、思わず息を呑んでしまう。

アルバムは全10曲収録。
彼らの最大のヒット曲であり、独特の魅力的なメロディーラインを、
ローレル・サイモンによるディープに唄いこむリードと、妙なエコーを効かせたコーラスで聴かせる
アルバムタイトル曲「Sly, Slick And The Wicked」はもとより、

重厚なコーラスワークにクラリネットのせつない音色、
そして雨と雷の擬音でスウィート好きをK.O.する傑作バラード「Someday」、

3/4拍子のノーザンダンサー「Wasting Time」や、
やはりここでも妙なエコーを効かせたコーラスとローレルのゴスペル唱法が熱い「Wait A Minute」と良い。

また、モーメンツ「Love On A Two Way Street」や、デルフォニックス「Didn't I」、
チェアメンの「Give Me Just A Little More Time」といった同僚のカバーも素晴らしい出来で、

特にチャールズ・ライト & The Watts 103rd St. Rhythm Band の「Love Land」は、
オリジナルに匹敵する程の傑作カバーに仕上がっている。

しかし、何故サイケ調(しかも白人)のジャケなんでしょうね〜
当時のベトナム戦争と何か関係あるのかしら?
posted by xylitol at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんといっても、“The Sly,Slick And The Wicked”のバックコーラス隊とリードボーカルの掛け合いがスリリングだよねー。
Posted by masato at 2007年05月14日 23:51
masatoさんへ。
コーラスワークといいリードの歌いっぷりといい、スリリングで最高っすよ。
ワチャワチャ・・やルカルカ・・のエコーでヤラれます。
Posted by xyli at 2007年05月15日 00:15
フラワームーヴメントなジャケですよね。
ジャケデザインしたのが白人なんじゃない?
勝手な想像だけど・・・
Posted by at 2007年05月15日 19:24
さんへ。
確かに白人がジャケを担当した可能性がありますね。
もしくは白人に聴いてもらおうとしたため、このようなジャケになった可能性がありますね。
Posted by xyli at 2007年05月15日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41811869
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。