2007年05月02日

100 Proof Aged In Soul / Somebody's Been Sleeping In My Bed

100proof.jpg

リード・ヴォーカル担当のスティーブ・マンチャを軸に活動していた3人組、
ハンドレッド・プルーフの1st(71年産)。

己の喉を痛めつけるようなスティーブ・マンチャのしゃがれ声が素晴らしく、
冒頭1曲目「Somebody's Been Sleeping」や「She's Not Just Another Woman」といったアップものから、
ミディアムの「I've Come To Save You」や「Not Enough Love To Satisfy」における、
求愛に対する感情表現、その唄いっぷりに胸を打つ。

また、ジョー・スタブスがリードを担当する、
スウィートソウルを意識した長尺の「Ain't That Lovin' You」や、
エディ・ホリデイがリードを担当する、スティーブ・マンチャに負けず劣らず素晴らしいヴォーカルで攻める
「Too Many Cooks」と良い。

8th Dayの1stと共に、珠玉のデトロイト・サウンドを味わえる1枚ではないだろうか。
posted by xylitol at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マンチャはノーザンの偉大なシンガーの一人ですよね。
僕も好きなシンガーです。
Posted by at 2007年05月03日 00:14
名無しさんへ。
マンチャのしゃがれ声は最高ですよね。
でもこの唄い方じゃ喉痛めますよ、絶対。
Posted by xyli at 2007年05月04日 23:56
ごめんなさい。名前いれ忘れてました・・・
です↑
Posted by at 2007年05月05日 00:10
さんでしたか。いつもコメントありがとうございます。
GWに安いレコ買いまくったりして、金欠になってしまいましたよ。
また近々にお店いきますね。
Posted by xyli at 2007年05月06日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40625655
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。