2007年04月26日

Howard Johnson / Keepin' Love New

howardjohnson.jpg

70's後半から80's初頭にかけて活動していたソウルデュオNiteflyteの片割れ、
ハワード・ジョンソンのファースト・ソロ・アルバム(82年産)。
先日再発CDにて購入。

以前拙ブログにてレビューしたモダンソウルのコンピ『Modern Soul Connoisseurs』の中に、
アルバムタイトル曲「Keepin' Love New」が収録されており、そこで初めてこの曲の存在を知った。
カシーフが手がける美しくキャッチーなメロディーラインとさわやかなサウンドプロダクション、
そしてNiteflyte時代よりもより幅が広がったハワードのヴォーカルが素晴らしく、何度となく聴いた。

アルバム全8曲の中では、やはり「Keepin'〜」が最高の出来なのだが、
重心を効かせた低音と縦横無尽にかけ廻るシンセが印象的なアップ「Say You Wanna」や、
決してディスコ臭くならないスウェイビートで躍らせる「Take Me Through The Night」、

曲調がトム・ブラウン「Funkin' For Jamaica」を彷彿とさせるアップ「So Fine」
(コーラスワークが美味!イチバンとか言ってる)、
このアルバムのPro.チームMighty Mの一人、ポール・ローレンス・ジョーンズと
フレディ・ジャクソンとの共作で、アルバムの雰囲気にまた違った花を添える
シャッフル調の「Jam Song」と良曲ぞろいで満足している。

カシーフを中心とした80's初頭のNYサウンドが、いかにトンがっていたかがわかる、そんな一枚だ。
posted by xylitol at 22:49| Comment(9) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
So Fineno出だしのアカペラとかいいですよね。
昔から好きなアルバムです。
Niteflyteのメンバーでしたよね。
いいシンガーです。
Posted by Soul In Motion at 2007年04月26日 23:40
うちのAOR好きな常連が酷評してましたよ。このアルバム・・・
僕はけっこう好きですけどね、「Keepin' Love New」や「Take Me Through The Night」のソリッドなNYサウンドが心地よいですよね。
Posted by at 2007年04月26日 23:55
発売当時リアルタイムでお皿買って聴きました。いまでもお皿で持ってます。
Posted by masato at 2007年04月26日 23:58
発売当時リアルタイムでお皿買って聴きました。
いまでもお皿持ってます。
Posted by masato at 2007年04月27日 00:01
soul In Motionさんへ。
「So Fine」のコーラスワーク、さわやかでいいですよね。
途中のイチバーン!がちょっと笑えます。
みなさん、これをリアルタイムで聞いてたっていうのが、ちょっとうらやましいです。
Posted by xyli at 2007年04月27日 23:31
さんへ。
AORファンに不評なんですね、これ。
サウンド的にはイケそうな気がするのですが・・
しかしながら、マイティMのソリッドなNYサウンドかっこいいですね。
カシーフがらみの作品は、レコ屋にあったらチェックしていこうと思います。
Posted by xyli at 2007年04月27日 23:37
masatoさんへ。
原盤のお皿で所有しているとは、恐れ入ります。
この辺のアルバムって、一見安そうに見えますけど、やはりお高いんでしょうね。
Posted by xyli at 2007年04月27日 23:42
LPはそれほど高くないですよ。
あんまり出回ってないだけで。

Blogのリンク貼らせていただきました!
Posted by チョリ at 2007年05月02日 17:22
チョリさんへ
さっそくコメントどーもです。
このLP、そんなに高くなかったら、見つけ次第GETしてみます。

あとブログのリンクに拙ブログを加えていただき、ありがとうございます。
こちらも貼らしていただきます。
Posted by xyli at 2007年05月02日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。