2007年04月16日

Blue Magic / The Magic Of The Blue

bluemagic2nd.jpg

フィリーソウルを代表とする5人組コーラスグループ、ブルー・マジックの74年産2nd。
去年(2006年)に、1st・3rdと共に、Collectables盤再発CDにて購入。

ソフトタッチでありながらも、気が遠くなるほどのスウィートネスで押しせまってくる作品で、
傑作といわれる1st同様、2ndも素晴らしく、これまた傑作と言わざるを得ない。

全10曲収録で、アルバムの内容は、
虫歯になってしまいそうな甘いバラード群と、ゴージャスなフィリーダンサーで主に構成されており、

バラードでは、
代表曲「Sideshow」の続編的な作品ながらも、チャイライツの影響も見え隠れする「Three Ring Circus」や、
意識が遠のいてしまいそうな甘さでコーティングされた「Talking To Myself」、
変拍子の多用な使用からトム・ベルの影響を感じさせる美メロが素晴らしい「Maybe Just Maybe」、
ファルセットリード担当のテッド・ミルズ作の「When Ya Coming Home」、「Looking For Friend」
と、どれも甘茶ソウルの醍醐味が凝縮された作品ばかりで、うれしいの一言だ。

またアップでは、
「Stringin' Me Along」や「Let Me Be The One」といった、
心躍るフィリーダンサーも甘々な仕上げで最高!

P.S.やっぱり、こういうのが一番落ち着きますね。
posted by xylitol at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>やっぱり、こういうのが一番落ち着きますね。

わかります。正統派スウィートコーラスグループの品の良さ、なんでしょうね。

先日、「Mystic Dragons」の国内盤ほぼ新品同様で見つけたので買っちゃいました。手持ちのやつはジャケットもぼろぼろで、盤もコンディションあんまり良くなかったので。「Mystic Dragons」もおススメですよ。
Posted by masato at 2007年04月16日 23:48
masatoさんへ。
やはり自分は正統派が一番好きみたいです。
しっくり来るというか、体にフィットするというか、そんな感じですね。

「Mystic Dragons」探してみますです。
Posted by xyli at 2007年04月17日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38943860
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。