2007年02月25日

Gaston / (2nd)

gaston2nd.jpg

ノース・カロライナ出身のガストン、82年産2nd。
先日再発CDにて購入。
ジャケでは6人写っているが、クレジットをみるとどうやら7人組らしい。

ローカルなファンクグループであるが、2曲のバラード目当てに購入した。

その2曲とは、「You Don't Love Me」と「Love Is Gonna Getcha」で、

「You Don't Love Me」は、せつないシンセのイントロと語り、
情感たっぷりのリードと、ファルセットぎみのコーラスワークがタマらないバラードだ。
サビがビリースチュアートの「I Do Love You」まんまなので、意識的にそうしたものと思われるが、
最高であることにはなんら変わりはない1曲だ。

「Love Is Gonna Getcha」は、ブルージーなギターとコーラスが唄うサビが印象的な1曲で、
後半のリードとコーラスが徐々に熱を帯びてくるあたりは、
ファンクグループというよりコーラスグループの域に達していると思う。

また、80'sらしいモダンテイストのミディアムチューン「Mind Sticker」や、
シンセヴォーカルとオールドスクールラップを織り込んだファンクチューン
「Here A Funk, There A Funk, Everywhere A Funk Funk」が良い
(タイトル最高!)。

1stってどんな感じなんでしょうか?
posted by xylitol at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | FUNK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Billy Stuartの“I Do Love You”ってGQもやってるよね。
Posted by masato at 2007年02月25日 23:54
masatoさんへ。
確かにやってますね。名曲は受け継がれていくのですね。
Posted by xyli at 2007年02月26日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34653594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。