2007年02月15日

Ace Spectrum / Inner Spectrum

acespectrum.jpg

NY出身の4人組、エイス・スペクトラムの1st(74年産)。
先日CD再発され購入。

さわやかなコーラスが印象的なグループだ。

プロデューサーはメイン・イングリディエントのトニー・シャンペーン・シルヴェスター、
アレンジはバート・デコテーが担当していることから、
黒さよりもポピュラー感を前面に出した作りになっている。

そのせいでソウルファンからあまり支持されないのか、
ソウルフリークのバイブル「USBDG」に彼らの作品は紹介されていないのだ。
(意図的にはずした、とのことだが、やはり黒さ不足が原因と思われる)

しかし、一環して貫かれているさわやかさは、何事にも変えがたい魅力を放っており、
フリーソウルやソフトロックがお好きな方には、喜んでいただける作品ではなかろうか。

全8曲収録で、アシュフォード&シンプソンのペンによるスマッシュヒット
「Don't Send Nobody Else」や、
アイズレーブラザーズの『3+3』を意識したと思われる2曲
「Don't Let Me Be Lonely Tonight」「If You Were There」と、
冒頭3曲の出来はなかなかなものだ。

また、まさにソフトロック的な「Pickup」や、
多面的なコーラスの重ね方に、グループ名の偽りの無さを感じる、
7分半の大作「I Don't Want To Play Around」が良い。

この調子で、2nd、3rdもCD化されるといいんですが・・・
posted by xylitol at 23:02| Comment(11) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Don't Let Me Be Lonely TonightはJames Taylorだね。One Man Dogに入ってる。
Posted by masato at 2007年02月16日 00:04
あれ、このグループって2ndがUSDG載ってなかったっけ?いいグループですよね。
Posted by at 2007年02月16日 03:17
masatoさんへ。
ジェームス・テイラーだと思いますが、この手のSSWは専門外のため、あまりよくわかりませんです。
でもこの曲、ブルース調のかっこいい曲で良いですね。

さんへ。
載ってないんですよ。ホントかわいそうなグループです。
詳しくはUSBDGの223ページのアーティストを選び出す基準は?を見てください。
Posted by xyli at 2007年02月16日 23:08
最近USBDGを購入した初心者です(笑)
223ページにあげられているアーチストの中でもAce Spectrum とNatural Fourはなんとかしてほしかったと思いますが、この辺りが既存のメディアの限界な訳ですからやむを得ないですね。
そうなるとインターネット版USBDGみたいなものも有りかも知れませんね。
Posted by adhista at 2007年02月18日 07:41
数多い中から取捨選択するのですから選者も大変だったと思います。『The Rollins Stone』誌'82発行の『Record Guide』でAce Spectrumの「Just Like In The Movies」が取り上げられていますが酷評です。曰く「正体不明のニューヨーク・ソウル・グループ。(中略)3枚のアルバムのうち、1枚だけが廃盤にならずにいるが、これはもっとも魅力に乏しいものである」。3枚のうち比べればそうかもしれないけど、私なんかは「Just Like…」の収録曲「Live And Learn」の心地良さが好きなのにトホホです。まぁ、趣味の世界ですから嗜好の違いですネ。自分が感じる感性を大切にすればいいか!! という所です。
Posted by 甘茶大好き君 at 2007年02月18日 10:15
adhistaさんへ。
初心者だなんて・・・謙遜し過ぎです。
俺みたいなペーペーから見たら、
adhistaさんは「神」に近い存在だと思ってますよ。
インターネット版USBDGは「Golden Age Of Soul Music」で決まり!?
Posted by xyli at 2007年02月18日 22:07
甘茶大好き君さんへ。
まず、昨日はどうもありがとうございました。
またソウル説法聞かせてくださいね。

たしかに幾多もあるソウルグループから取捨選択するのは、大変な苦労があったと思います。
こういったガイド本を作るというのは、趣味嗜好だけでは成り立たない世界なんだと改めて思いました。

>自分が感じる感性を大切にすればいいか!! という所です。
その通りです。有名無名だろうと好きであれば、それでいいんですよね。
ありがたいお言葉です。
Posted by xyli at 2007年02月18日 22:18
いえいえ、説法だなんて。好きな音楽を一緒に聴くことが好きなだけです。古い人間だから昔の話題に付き合っていただき感謝、感謝です!!また、ゆっくり飲りましょう。今度はシングルも持っていきます。では・・・。
Posted by 甘茶大好き君 at 2007年02月18日 22:27
甘茶大好き君さんへ。
シングル盤楽しみにしてますです。また飲りましょう!
Posted by xyli at 2007年02月18日 23:24
>初心者だなんて・・・謙遜し過ぎです。
だって、今月購入したんですもの。USBDG初心者です。

>インターネット版USBDGは「Golden Age Of Soul Music」で決まり!?
そうだとするとxyliさんも筆者の一人ってことになるますから今後ともよろしくお願いします。
しかし、959選とか云った様にお薦めを選ぶ事をしてませんから、ちょっと違うかな。たたき台の資料を作ってる感じ?

>甘茶大好き君さん
USBDGのライターのYoshitaka Itoさんが当時の状況をうちのブログで語られています。
http://muto448.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_2cd3.html
Posted by adhista at 2007年02月19日 06:23
adhistaさんへ。
USBDG初心者かもしれませんが、俺にとってadhistaさんはソウルリスナーの鑑ですよ。
毎日の更新、頭がさがる思いです。

「Golden Age Of Soul Music」はソウルのガイド本同様活用させていただいてます。
>xyliさんも筆者の一人ってことになるますから今後ともよろしくお願いします。
筆者の端くれとしてがんばりますです。こちらこそよろしくお願いします。
Posted by xyli at 2007年02月19日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。