2007年02月05日

Perfect Touch / Touching You

perfecttouch.jpg

デトロイト出身の正体不明なグループ、パーフェクト・タッチ唯一の作品(80年産)。

数年前白黒ジャケという体裁でのLP再発、また2、3年前にはCDでの再発がなされた人気盤であるが、
なぜか店頭から姿を消してしまった。
しかし最近またCDにて再発売されたので、日本語帯・解説付き輸入盤にて、
めでたく購入することができた。

このパーフェクト・タッチ、ヴォーカルグループなのか、はてまたVo&インストグループなのか、
また何人組なのか、まったくわからない困ったグループである。
ライナーや裏ジャケに記されている"Produced Written And Performed By Perfect Touch"からすると、
Vo&インストグループの気がしないでもないが、
解説のマスクマンの見解(ほとんどの曲のリードがファルセット、
バックコーラスの付け方がこなれている、という点)から、
ヴォーカルグループの可能性も考えられる。

もしその辺の事情を知っている方がいらしたら、教えてください。

アルバムの内容はというと、全7曲収録と少ないものの、1、2曲のアップを聞き終えると、
3曲目から7曲目まで続く、血糖値UP確実のスウィートナンバーが並んでおり、

出だしの♪シュビドゥバー♪のコーラスと甘ったるいファルセット、
そして80'sらしいライトな演奏で聞かせるミディアムナンバー「Someday」や、

はかない美メロとため息まじりのヴォーカルスタイルに途中の語りと、
甘茶好きにはタマラない要素が兼ね備わった傑作バラード「Don't Even Try It」、

全体にエコーを効かせ、ウルトラドリーミーな雰囲気に仕上げた
ミディアムナンバー「Merry Go Round」と最高だ!

レア盤かつ人気盤の意味がよくわかった、甘茶ソウル好き必至の作品だ。
posted by xylitol at 00:13| Comment(5) | TrackBack(1) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜手に入れましたか。
絶対「買い」な一枚ですね。

でもなんでまたCD出まわってるんでしょうかね?
Posted by at 2007年02月05日 17:47
Merry Go Roundにハズレなしですね。
Posted by zouky at 2007年02月05日 22:53
さんへ。
最初のCD化のときに買いそびれたので、今回の再発売はうれしかったです。
思わず解説付きで買ってしまいました。

zoukyさんへ。
まったく同感です。
ジョーンジスにも同タイトルの曲がありますね。
両方ともメリーゴーランドがくるくる廻ってるみたいなアレンジで最高です。
Posted by xyli at 2007年02月05日 23:38
僕も白黒ジャケでこの間入手しました!

最高です。

「Merry Go Round」はほんと素晴しい出来でした!

でも、個人的に「Merry Go Round」というとやっぱり達郎を思い出してしまう・・・(笑)
Posted by bloodstone at 2007年02月05日 23:55
bloodstoneさんへ。
入手おめでとうございます。
「Merry Go Round」は最高の甘茶ミディアムで素晴らしい出来ですね。

達郎さんの「Merry Go Round」はアルバム『Melodies』収録の曲ですね。
ひさぶりに聞きましたが、やはりこのタイトルの曲にハズレなし!を再確認しました。
Posted by xyli at 2007年02月07日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Perfect Touch の Merry Go Round
Excerpt: 山下達郎作品にも「Merry Go Round」というタイトルの ファンキーな楽曲があるんですが Merry Go Round という言葉には 黒人音楽と何か密接な関わりがあるのでしょう..
Weblog: ongaku-yawa - about 大西貴文のTHE NITE
Tracked: 2007-07-15 08:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。