2007年02月02日

Moment Of Truth

momentoftruth.jpg

サルソウルを代表とするモーメント・オブ・トゥルース唯一の作品(77年産)。

メンバー4人がお面をかぶったジャケットが印象的であるが、
それゆえに購買欲を減退させる代物である。
そのせいでなかなか購入までに時間がかかってしまったのだが、
先日さんのお店で聞かせてもらい、一発で気に入り、やっとこさ購入した。

全8曲入りで、75年にリリースされた傑作ダンサー
「Helplessly」の路線を踏襲したフィリーダンサーがほとんどで、
マーサ&ザ・ヴァンデラス「Dancing In The Street」と、
サム&デイヴ「Hold On I'm Comin'」のフレーズが飛び出す
「Lovin' You Is Killing Me」、「Chained To Your Love」や、
トランプスが得意としそうな楽曲「Come On In」、
ダブル・エクスポージャー「Ten Percent」に匹敵する「You Got Me Hummin'」と、
ダンサー系はどの曲もクオリティが高い。

また唯一のバラード「You're All I Want You To Be」は、
ファルセットとバリトンが織り成す正統派甘茶でなかなかの出来で満足。
ファルセットがかなりのツワものなだけに、他の曲でももっとフューチャーしてほしかった気がする。

まぁしかし、サルソウルらしい強力なフィリーダンサーが集合した1枚だけに、
見逃してはならない作品であることは確かだ。
posted by xylitol at 00:32| Comment(5) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
買いましたね・・・

ジャケはいただけないけど、内容はいいですよね。サルソウルらしい1枚です。
Posted by at 2007年02月02日 00:41
確かにジャケはいまいちですよね・・・(苦笑)

アップも本当に最高なんだけど、強いて言うならもう1曲ぐらいスローが欲しかったかな〜

この実力なら、そつなくこなせるのに・・・

でも、内容的には大満足です!
Posted by bloodstone at 2007年02月02日 20:07
さんへ。
内容はピカイチですね。
サルソウルは思わず腰が動いてしまう楽曲が多く大好きです。

bloodstoneさんへ。
>強いて言うならもう1曲ぐらいスローが欲しかったかな〜
確かにそうですね。あと1曲フィリーらしいスローがあれば、と思いました。
この実力で、たった1枚しかリリースできなかったのも残念ですが、
満足な出来なので良しとしましょう。
Posted by xyli at 2007年02月03日 08:50
結構好きなジャケです。印象的で、ちょいミステリアス。実物大で見ると違うのかなあ。

Posted by zouky at 2007年02月04日 00:10
zoukyさんへ。
お好きなジャケなんですか。
なんとなく一昔前のヘヴィメタっぽい感じというか、
あまりソウルのジャケっぽくないというのが、苦手の原因かもしれないです。
実はこういったジャケの良し悪しで聞かず嫌いなものもあるので、
これからは積極的に聞いていこうかと思ってます。
Posted by xyli at 2007年02月04日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32620006
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。