2007年01月28日

Heaven Sent & Ecstasy / The Greatest Love Story

heavensent.jpg

カリフォルニア州オークランド出身のヘヴン・セント&エクスタシーの唯一の作品(80年産)。
自主制作の激レア盤が先日CD化され購入した。

こういったなかなか拝むこともできない激レア盤がCD化されるということは、
まことに嬉しい!の一言に尽きる。

CDのライナーによると、ソウル/ファンク系DJと甘茶ソウルマニアからの支持を受けた作品だそうで、

ソウル/ファンク系DJの目当ては、イントロ数秒のブレイク・ビーツ入りの「I'm A Lady」と、
冒頭1曲目を飾るメロウテイストなアップ「I See Heaven」となる。

また甘茶ソウルマニアのお目当ては、
絶妙なファルセットと女性ヴォーカルが絡み合う6/8拍子のバラードデュエット「Bless You With My Love」、
サックスの音色とイントロの語り、そして、
せっぱつまったファルセットと、そこにうまく調合された女性リードとが、
渾然一体となってムードたっぷりに迫ってくる傑作甘茶「We're Together Again」、
女性リードのみではあるが、やはりスウィートな雰囲気で聞かせるタイトル曲「The Greatest Love Story」
となる。

アルバム全体を通して聞くと、いろいろとあらが出てしまう作品ではあるが、
上記5曲が最高の出来なので、大きな収穫があったと言ってよいだろう。

Groove-Diggersの更なる発掘に期待する!
posted by xylitol at 23:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども。初書き込みです。

このアルバム良いですよね〜
僕は「Rapping With My Subconscious Mind」が一番のお気に入りかなぁ。
Posted by bloodstone at 2007年01月29日 00:03
おっ、買いましたね。
Posted by masato at 2007年01月29日 00:28
bloodstoneさんへ。
初書き込みありがとうございます!
今後ともよろしくです。

「Rapping With My Subconscious Mind」、かわいらしいアップでこれまた良いですね。
ちょっと見逃してました。
アップ・バラードともに楽曲が優れているから、
レア盤になるのも無理はないですよね。
Posted by xyli at 2007年01月30日 00:11
masatoさんへ。
やっとこさ買いました。
予想以上に良い出来なので、とても満足ですよ。
Posted by xyli at 2007年01月30日 00:14
しかしこのシリーズ凄いです!

ほぼ初CD化ですもんね。

解説も濃く、今後のリリースも楽しみです。
Posted by bloodstone at 2007年01月30日 00:43
bloodstoneさんへ。
おっしゃる通りです。
平気で万単位もするような黒盤が初CD化されることは、とても健全なことだと思います。
このシリーズで以前CD化された入手困難なものも、再CD化されるといいですね。
Posted by xyli at 2007年01月31日 00:12
買いましたね。あるうち絶対「買い」な一枚
ですね。
Posted by at 2007年01月31日 22:35
こういう盤は5年、10年経つと入手困難盤になってしまうので、
あるうちにゲットですね。
Posted by xyli at 2007年01月31日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32311457
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。