2007年01月06日

O'Jays / Back Stabbers

ojays.jpg

オハイオ州出身のオージェイズが、フィラデルフィアに拠点を置き、
見事大成功をおさめた記念碑的作品(72年産)。

この作品の成功を機にP.I.R.は、その後数年躍進し、
いわゆる"フィリーサウンド"を量産し続けることとなる。

P.I.R.初のヒット曲となるタイトル曲「Back Stabbers」は、
マクファデン&ホワイトヘッドのペンによる作品で(ちなみにアレンジはトム・ベル)、
ラテンビートをベースとした最高級のミディアムチューンだ。
たった3分間の中に、躍動感や華やかさ、インビさに艶やかさといった、
ソウルミュージックには欠かせないエッセンスがギュッと凝縮した、
まさに絵に描いたような1曲。

他の曲では、ギャンブル&ハフらしいメッセージ色の強いフィリーダンサー「Love Train」や、
シャッフルビートにフィリーのゴージャス感が合わさった「(They Call Me) Mr.Lucky」、
70'sファンクをフィリー風に料理した「When The World's At Peace」が良い。

また、エディ・リヴァートのリードヴォーカルに合わせたようなバラード
「Listen To The Clock On The Wall」と「Sunshine」は、
決して甘さに流されない、黒いツヤとディープな感情表現に満ちた
傑作バラードに仕上がっている。

オージェイズの代表作なだけに、長く聞き続けていきたい作品だ。
posted by xylitol at 23:28| Comment(8) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はどうもです。Kでございます。

またも無理やりっぽくコメいたします。
O’JAYSといえば、PWLではSYBIL/THE LOVE I LOSTが印象的です。
ソングライターである「ギャンブル&ハフ」は山達さんでもお馴染みですが、
PETE WATERMANもきっと彼らのサウンドに魅了されたのでしょう。

また遊びに来て下さい!
Posted by K at 2007年01月06日 23:43
Kさん、こんばんわ。
また遊びにいきますね。

>O’JAYSといえば、PWLではSYBIL/THE LOVE I LOSTが印象的です。

O'Jaysではなく、ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツだと思いますよ。

とはいえ、ギャンブル&ハフの功績は、
その後のポップシーンに計り知れない影響を与えた、
数少ないプロデューサーチームだったと思います。
Posted by xyli at 2007年01月08日 22:37
いや、この情報は1993年当時の新宿CISCOでこのレコード紹介のなかに書いてあったんです。じゃあ、これ書いた人が間違ってたって事ですね。
 へー、大変勉強になりましたっす。
ではまた...。入る隙間があれば入ってみます。
Posted by K at 2007年01月09日 22:41
お尋ねです。PWLではSYBIL/THE LOVE I LOSTのPWLはどういう意味ですか?ブルーノーツのTHE LOVE I LOSTは、ABとも同曲か、ロングバージョン物しかりリースされていないはずですし、新宿CISCOの紹介の意味も不明ですネ。
Posted by 甘茶大好き君 at 2007年01月09日 23:19
Kさんへ。
入るスキマからどんどん入ってきてくださいね。

甘茶大好き君さんへ。はじめまして。
zoukyさんやmasatoさんのブログでお見かけする方ですね。
私xyliは、ソウルに対してまだまだいたらないところだらけですので、ご指導ご鞭撻のほどをお願いします。

で、PWLですが、80年代にイギリスで一世風靡(?)したプロデューサーチームのことです。
SYBILは女性歌手で、「The Love I Lost」をカバーしているという意味です。
KさんがPWLマニアですので、その辺詳しく教えてもらえる・・・かな?
Posted by xyli at 2007年01月10日 00:18
xyli さん、ありがとうございます。私、何しろ年寄りで70年代から進んでいません。80年以降は分からないことだらけです。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 甘茶大好き君 at 2007年01月10日 07:04
一世風靡しましたね、一応。
ただ、このコミュに登場するアーティスト達には到底太刀打ち出来ませんが、
80年代のPOP−IDOLを手掛けたら彼らの他には存在しないという事だけは
言わせて下さい。

ではまた、スキマを探しまーす。
Posted by K at 2007年01月10日 22:34
甘茶大好き君さんへ。
こちらこそよろしくお願いします。
これからもいろいろと教えてくださいね。

Kさんへ。
コメントありがとうございました。
スキマからどんどん来てくださいね。
Posted by xyli at 2007年01月10日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30962742
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。