2006年11月30日

Special Edition Band / At Last

SpecialEditionBand.jpg

甘茶ソウルのレア盤として知られるスペシャル・エディション・バンドの唯一のアルバム。
リリース時期は80年後半(?)、
ローカルなヴォーカル&インストバンドでメンバーは7人構成(うちメインヴォーカルが3人!)、
アトランタ周辺で活動していたとのこと。

先日再発CDにて購入したが、この手のレア盤は、鼻っから過度な期待などしておらず、
1、2曲の甘茶があればいいという、いわゆる道楽的な「お楽しみ」で聞くことが多いのだが、
全8曲中、ダサいインスト1曲を除けば、アップ・ミディアム・スローと、
バランス良く収録されていてなかなか楽しめる1枚だ。

アップ〜ミディアムでは、さわやかなB級感まるだしの「Sooner Or Later」や、
サビの♪パッパラッパー、ビダービダービダー♪がイカすツインヴォーカルの「Feelings」が良い。

バラードにいたっては、ローカルならではの雰囲気がタマラなく、
「Crying On The Inside」「Yesterday's Dream」の
80年代らしいラブバラードが野暮ったい魅力を放っている。

そして電話の擬音入りの語りから70年代甘茶ソウルを再現したような「For Your Love」が最高だ。
決して上手とはいえないが、エモーショナルなリードヴォーカルが、
大仰な曲のスケールと相まって、期待以上の甘茶曲に仕上がっている。

ジャケがなんともダサいけど、イカしてますね。
posted by xylitol at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕、これお皿で2枚持ってるんだよね〜。1枚はまだ未開封のまんまだし。
Posted by masato at 2006年12月01日 05:59
2枚もお持ちとは、さすがですね〜

ところで、昨日masatoさんのブログにコメント残したのですが、なぜか入っていないので、
また書き込みしますです。
Posted by xyli at 2006年12月01日 23:56
これは当たりですよね。ジャケもまずまず。
Posted by zouky at 2006年12月02日 00:30
zoukyさん、こんばんわ。
こういったローカル盤に光輝く甘茶曲があると、ホントうれしくなりますよね。
Posted by xyli at 2006年12月03日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。