2006年11月22日

The Controllers / Next In Line

controllers2.jpg

サザンソウルグループを代表するコントローラーズ3rdアルバム(80年産)。
南部産にもかかわらず洗練されたセンスが光る好盤だ。

全8曲収録で、アップ4曲・バラード4曲がバランス良く配置されており、

アップはディスコサウンドの影響が見え隠れするものの、
アニータ・ワードのRing My Bellを限りなく真っ黒くした「Let Me Entertain You」や、
ギターカッティングが気持ちいい軽快なミディアム「Gunning For Your Love」が良い。

バラードはどの曲も力作揃いで、
失恋の痛手を切実に歌いきる「We Don't」や「If Tears Were Pennies」、
1st収録の「Somebody's Gotta Win」に匹敵する美メロと独特のメロウネスで攻める「Hurt Again By Love」
と、聞くたびに熱いモノが胸にこみ上げてくる。

1st『In Controll』に負けず劣らず、素晴らしい作品ではないだろうか。
posted by xylitol at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアルバムもマストアイテムですね。
Posted by masato at 2006年11月23日 11:57
masatoさんへ。
確かに持ってて損はない作品だと思います。
5年後10年後に聞いても、名盤だな〜と思うはずです。
Posted by xyli at 2006年11月23日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28062215
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。