2006年11月02日

The Glass House / Inside The Glass House

glasshouse.jpg

デトロイト出身の男女混合4人組グラス・ハウスの1st(71年産)。
先日再発CDにて購入。

主にバラードのリードを担当するタイ・ハンターのエモーショナルな歌声が最高だ。

ドゥーアップを丹念に熟成させたような最高級のバラード
「Look What We've Done To Love」で幕を開け、
同ムードで攻めてくる「You Ain't Livin' Unless You're Lovin'」、
エディ・ホールマンのバージョンで有名な「Hey There Lonely Girl」のカバーが最高で、
タイ・ハンターの優しい語り口がなんともタマラなく、耳を刺激する。

他の曲はミディアム〜アップもので、主に女性メンバー2人のリードによるもの。
インヴィクタスらしい力強いノーザン・ダンサー「Touch Me Jesus」が良い。

ハイライトが前半に集中しすぎたせいで、後半はタレてしまうが、
バラード3曲だけでも聞く価値はあるアルバムだ。
posted by xylitol at 00:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「Look What We've Done To Love」の切々と歌いこむ感じがいい。「You Ain't Livin' Unless You're Lovin'」は断然、smith connection版。
Posted by zouky at 2006年11月03日 00:31
>「You Ain't Livin' Unless You're Lovin'」は断然、smith connection版。>

聞き比べましたが、Glass House版の切実な歌いっぷりといい、
Smith Connectionのさわやかな甘さといい、甲乙つけがたい。両方とも好きです。
Posted by xyli at 2006年11月03日 23:21
こんばんわ。
インヴィタクス・サウンドってなんだかキンキン
してますよね。って、思うのは僕だけでしょうか?
この1stはタイ・ハンターが大活躍で申し分なし
ですな。
Posted by at 2006年11月04日 20:13
俺もさんと同じ意見です。
ホットワックス、インヴィタクスは60'sモータウンの意思を継いでいるということで、
音も中高音を基調としたサウンドになっているのではないかと思われます。
たぶんですが・・・
Posted by xyli at 2006年11月06日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26601826
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。