2006年10月01日

Zapp

zapp.jpg

オハイオ出身のファンクバンドZAPPの1st(80年産)。

全6曲入りで、トークボックスやシンセを使った、
いわゆるZAPPサウンドはまだ確立されておらず、息をひそめている印象を受けるが、
その分生音のファンクを楽しめる、良い作品だ。

執拗なまでのリズムループと、トークボックスを使い、
初期ZAPPの代表曲となった「More Bounce To The Ounce」や、
すかした感じの「Brand New PPlayer」(なぜかPが2つってとこがミソ)、

2PAC「Keep Ya Head Up」や、S.C.C.「U Gotta Deal Wit Dis (Gangsta Luv)」の
サンプリング・ソースにもなっている、
さわやかなメロウチューン「Be Alright」が最高に気持ちいい。

またニューオリンズ風シャッフル「Coming Home」も彼らのルーツを知る上で興味深い1曲だ。

何かやらかしてくれそうな男達のFUNKがここにある!
そんなことを感じずにはいられない1枚だ。

posted by xylitol at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | FUNK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ザップだ!
昔、ザップの日本公演でロジャーのお尻触りました。僕・・・
Posted by at 2006年10月03日 00:29
さんへ。
ロジャーのお尻触ったとは、とても貴重な体験しましたね(笑)。
もうこの世にロジャーがいないのはとても寂しいですが、
ZAPPは永久に不滅です。はい。
Posted by xyli at 2006年10月03日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。