2006年09月24日

Zingara

zingara.jpg

作曲家、プロデューサー、そしてシンガーとしても名を馳せた
ラモン・ドジャーが作りだした4人組の唯一のアルバム(81年産)。
先日再発CDにて購入。

実はこのアルバムの数曲のリード・ヴォーカルをとっているのが、
あのジェイムス・イングラムということで、結構話題になったアルバム。
アルバムには彼の名前が記していないため、真意のほどがはっきりしなかったが、
俺の買ったCDには、彼の歌っている写真が乗っていたり、
英語のライナーにもそれらしきことが書いてあるので、間違いないだろう。

全9曲中、ジェイムス・イングラムがリードを担当しているのが5曲で、
アーバンなバラード「Love's Calling」、
女性メンバーとのデュエット「You Sho' Know How To Love Me」、
すぐさまダンスクラシックスに認定したい傑作ダンサー「I Surrender」、
ミディアムナンバー「Haunted House」「Wonder Love」と、
彼の高角ぎみの声と節回しの素晴らしさを堪能することができる。

また、ワリ・アリという男性メンバーがリードを担当したアーバンバラード「For All Of My Life」や、
女性メンバーのカレン・コールマンのリードがさわやかなメロウナンバー
「Are You Ready For Love」も最高の出来で大満足の一枚だ。
posted by xylitol at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
やっとネット環境が常時接続に復活しました。
また、どんどんお邪魔しますんで宜しくど〜ぞ。

このころのラモン・ドジャーって、このジンガラ
といい、フューチャー・フライトといい、いい仕事
してますよね。
「I Surrender」はホントかっこいいです。はい。
Posted by at 2006年09月26日 03:59
さんへ。
ネット環境復帰してよかったですね。
これからもよろしくです。

レビュー後も何回かこのアルバム聞いてますが、
「I Surrender」は格別に美味しい一曲ですね。
Posted by xyli at 2006年09月27日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24369022
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。