2006年08月18日

Ecstasy, Passion & Pain

epap.jpg

ニューヨーク出身の6人組、唯一のアルバム(74年産)。
2005年にCD再発され購入。

リード・ヴォーカルのバーバラ・ロイことバーバラ・ガスキンスを中心にしたボーカル&インストグループだが、
このアルバムのプロデューサーはボビー・マーティン、演奏はMFSBによるものなので、
列記としたフィリー盤として仕上がっている。

全10曲中7曲バーバラが曲を書いており、
アップの「Ask Me」やバラードの「I'll Take The Blame」「Born To Lose You」と、
フィリーお抱えのソングライターにも引けを取らない才女ぶりを発揮している。
また「I'll Do Anything For You」はバーバラの作品ではないが、軽快なフィリーダンサーでとても良い。

CDボーナストラック6曲は、本編と同様のクォリティーを保っており、
ダンクラ「Touch And Go」やちょっと哀愁漂う「Dance The Night Away」と、
アルバム発表後のシングルが収録されていて、6曲とも最高だ!

特に「Touch And Go - 12"」はサルソウルのエンジニアで知られる
トム・モールトンがリミックスを担当しており、よりフロア向けに仕上がっている。

こう聞いてみると、バーバラの熱い歌唱ぶりがロレッタ・ハロウェイとダブるのと、
MFSBがサルソウルオーケストラに鞍替えしたことを考慮すると、
この作品がフィリーとサルソウルを結ぶ、とても重要な作品ではないかと思えてならない。
posted by xylitol at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バーバラ・ロイのパワフルVoが炸裂のフィリー
名盤ですよね。僕もこのお皿好きですよ。
Posted by at 2006年08月20日 08:24
バーバラ・ロイのヴォーカルと曲が最高なだけに、
これ一枚っていうのが本当に惜しいです。
あと結果的にフィリーに任せてよかったんですけど、
残りのメンバーがちょっとかわいそうですね〜

ちなみに15年ほど前に流行った、SNAPの「The Power」の♪I Got Power!の声はバーバラ・ロイらしいです(ちょっとトリビア?!)
ではまた。
Posted by xyli at 2006年08月20日 21:47
数年前に二枚組みCDが出てたんですが、そこではTOUCH AND GOのアカペラバージョンが入ってて、ド迫力でなかなかでした。
Posted by zouky at 2006年08月22日 23:25
zoukyさん、こんばんわ。
2枚組でCD再発されていたんですね。

どこかのDJがアカペラ使ってハウスミックスなんてつくってたら、
ちょっとヤバそうですね。

いや、アカペラでも充分トバされるかも・・・
Posted by xyli at 2006年08月23日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22518772
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。