2006年08月16日

Barry White / Stone Gon'

barrywhite1.jpg

愛の伝道師バリー・ホワイトの2nd(73年産)。
既にこの時点でラブアンリミテッドなサウンドが完成されている。

全5曲収録で、1曲ごと5分から9分と長い。
曲によってイントロに語りが挿入されているためであり、
ベッドタイムのムード作りに一役買っているかのようだ。

6/8拍子をベースに変拍子を加えループさせることにより独自性を持たせた
「Girl It's True, Yes I'll Always Love You」、
シングルヒットしたポップチューン「Honey Please, Can't Ya See」、

そして最高のグルーヴとサビの盛り上がりが最高な
「Never Never Gonna Give Ya Up」で昇天させられてしまう。

頭蓋骨に響くバリー低音の魅力満載だ。
posted by xylitol at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。