2006年08月08日

Dyson's Faces / Dyson's Faces

dysonsfaces2.jpg

ダイソンズ・フェイセスの77年産2nd。

先日1stとともに再発LPにて購入。
音のレベルは低いが、1stよりも音がクリアーになっているのが救いだ。

全9曲収録、内1曲はインスト。「Don't Worry About The Joneses」と
「Welcome To All This Love Again」が再度収録されている。

ディスコ風味の「Till I've Got This Feelin' Of Love」や、
「You And Me」「Try Me Baby」のバラードにおける
クリフトン・ダイソンの男らしいマッシブでダイナミックな歌唱がかっこよすぎで、
体感温度を2℃ほどあげてくれるような熱さにヤラレてしまう。

また女性ボーカルの「Cry Suger」や、さわやかな「This Time It's Gotta Be Love」、
擬似フィリーな「Till I've Got This Feelin' Of Love」のインストと
聴きどころ満載だ。

とかく「レア盤」というと値段と比較して内容が伴っていないものが多数あるが、
この盤は「例外」でいて素晴らしい!大満足だ。
posted by xylitol at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。