2006年06月29日

The True Reflection / Where I'm Coming From

true.jpg

73年産トゥルー・リフレクションの唯一のアルバム。
先日再発紙ジャケCDにて購入。

全体的にとても地味な作品だが、甘茶好きにはタマラない曲が数曲あり、
控えめなフィリーサウンドと、コーラスワークの素晴らしさ、
特にリードのファルセットのせつなさにヤラレてしまうバラード「It Really Hurts」や、
ジョーイ・コールマンのリードが切なく心に響く「Helpless Man」がよい。

またタイトルチューン「That's Where I'm Coming From」の地味目だが、
軽いフィリーダンサーに仕上がった曲で、これまた好物だ。

ほかにも「That Was Yesterday」や「Look At All The Lonely People」の
バラードが軽く平均点を超えているだけに、
アップを何とかしてもらいたかったと思う。
posted by xylitol at 00:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ、いいですね〜。
トゥルー・リフレクション。アトランティック
の名盤ですね。

ジョーイ・コールマンっていえば、ミラージュ、
パースウェイダーズもCD化されてましたね。

僕もCDは持っていますが、先日、ミラージュの
オリジ盤をオークションで落札しちゃいました。
届いたらブログに載せますね。
Posted by at 2006年06月29日 23:34
俺もミラージュCDで持ってます。

さんはCDで持っているうえ、オリジナル盤でも購入されたんですね。すごいなぁ〜

俺は貧乏症なので、オリジナル原版とかあまりもってないです。
Posted by xyli at 2006年07月01日 18:41
いえいえ、こだわりはあまりありませんよ。
出来ればオリジナルがいいですが、再発盤
でもCDでも音が聴ければいいです。
ただ、(最近主流の)紙ジャケCDが嫌いな
んです。
このミラージュも予算内で見つけたんで買い
ましたが、紙ジャケCDでなかったら買わなかっ
たこもしれません。はい・・・
Posted by at 2006年07月01日 19:06
実は俺もあまり紙ジャケって好きじゃないんです。
ソフトケースで再発してほしいものです。
Posted by xyli at 2006年07月01日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。