2006年06月04日

Caress

caress.jpg

甘茶ソウルのレア盤で隠れた名盤。

半年前ぐらいに再発CD化されていたので購入。
こういった激レア盤は一生聞けないんじゃないかと思っていたので、うれしさもひとしおだ。

内容に入るまえに、このCARESSというグループ、いったい何人グループなのか、
はてまたソロアーティストなのか、まったく詳細がわからない。

わかることは、プロデューサーがパトリック・アダムスってことだけ。
もし、詳しく知っている方がいらっしゃったら、教えてください。

内容はパトリック・アダムスらしく、甘茶とダンサーがバランスよく収録されている。
ファルセットのリードがかなりの甘茶度が高いので、「Opportunity」のようなダンサーも甘々な仕上げ。

バラードにいたっては「I Just Want To Be A Part Of You」「Just Like In The Movies」が最高で、
これでもかと甘々にコーティングされた音がタマらない。

後半は少しタレるが、パトリック・アダムスの底力が冴える素敵な一枚だ。

posted by xylitol at 18:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕もCDでやっと聴けたくちですよ。
CARESSのこのお皿、再発前はブートも
出回ってましたね。

こういった再発CD化は大歓迎です。はい。
Posted by at 2006年06月04日 23:47
最近甘茶の名盤がCD化されたりコンピがでたりと、うれしい悲鳴をあげてる状況ですが、
この勢いに乗って、プレジデンツやフォーミンツあたりも再発されないかと思う今日この頃です。
Posted by xyli at 2006年06月05日 23:55
こんにちは。ご訪問どうも有難うございました。

カレスのこのお皿は96年にp-vineからcd化されていてライナーをフラミンゴが担当してます。それによると人数は不明ですが、女性メンバーもいるとのことです。他にはOral Caress/ Why Can't Our Love It Was Before ?(P&P12-444)It's Funny - Oral Caress (SOUL VOCAL GROUP DELIGHTS - Volume 13 収録)も同一グループでは?なんてことも書かれてます。
Posted by zouky at 2006年06月09日 17:09
zoukyさん。CARESS情報ありがとうございました!
96年に日本盤でCD化されてたなんて知らなかったです。

zoukyさんはとても博識なので、これからもいろいろと教えてください。
Posted by xyli at 2006年06月10日 01:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。