2007年12月09日

Van Jones / Time Has Made Me New

vanjones.jpg

正体不明の歌手、Van Jones の81年ヴァージニア産アルバム。

USBDG の究極のレア盤(ソロ編)に掲載されていることや、
僕の周りのソウルフリークが今回のCD再発について、
こぞって話題にしていたこともあり、
是非とも聴いてみたいと思い購入した。

全体を一聴すると、80's ディスコの影響をモロに受けた音作りをしており、
Van Jones 本人による純粋なソロアルバムというよりも、
彼自身はいわば総合プロデュース的な立場で、このアルバムを製作したのではないか、
という印象を受けた。

収録曲は全8曲。
のっけから女性Vo を feat. した 「Not About That (Show Me Some Respect)」 が、
Chic の 「Good Times」 ソックリで笑ってしまうが、
彼自身がファルセットで唄うスウィート風味のバラード
「Take To The Light And Wind」、「Time Has Made Me New」 が良く、
また、NYディスコ 「Let's Go "This Go"」 もなかなかの美味で、
そこそこの収穫があったと思うのが良さそうだ。
posted by xylitol at 18:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。