2007年09月24日

V.A. / Soulful Thangs Vol.7

thangs7.jpg

甘茶ソウルファン待望のコンピ『Soulful Thangs』の、シリーズ第7弾(2007年リリース)。

全21曲収録で、その中には西海岸出身と思しきB級グループのイナたいSweetが多数収録されており、
それらが全体のムードを支配している。

各曲ごとに見ても、どの曲も平均点以上の出来でとても良いのだが、
その中でも特筆すべき甘茶曲を取り上げてみると・・・

気合の入ったコーラスワークと入れ代り立ち代るリードのスゴさに圧倒される
Answer To Love 「It Was Real」 や、

いかにも地元カリフォルニアで活動していました的なB級ファンクグループがやらかす、
ファルセット全開のミディアムスロー、Experience Unlimited 「Second Time Around」、

名曲「Heart Of Gold」と比べてもなんら遜色もないスバラしい甘茶バラードを聴かせてくれる
The Escorts 「Let Love Walk Into Your Heart」、

未だCD化されない名盤『Lifestyle』収録の、胸を熱くさせるバラード
Lifestyle 「I'm Gonna Love You, Girl」、

名曲「I'm Still Here」を超えてしまった、6/8拍子の甘〜いムード満天でトロットロにさせる最高級の甘茶曲
The Notations 「At The Crossroads」(これ目玉!)、

イントゥルーダーズの代表曲のアンサーソングで、
オリジナルよりもけだるくしたテンポや、熱唱する女性Vo.とやるせないコーラスが最高の、
The Ripples 「Cowgirls To Boys」(これ股目玉!)、

いつも聴いてるVer.とちょっと違う(シングルVer.なのかな?)彼らの代表曲
Continental W 「Day By Day (Every Minute Of The Hour)」、

テンポはもろアップだが、切ないメロディーラインを唄うハイテナーのVo.や、
クルクル回るストリングスにヤラれる、Imperial Wonders 「Trying To Get To You」、

と、今回も相変わらず期待を裏切らない出来栄えとなっており、
『Soulful Thangs』シリーズは、やはり「鉄板」であった。
posted by xylitol at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。