2007年05月08日

Sugar Billy / Super Duper Love

sugerbilly.jpg

ギタリスト兼シンガーソウルライターのシュガー・ビリー75年産アルバム。
先日再発LPにて購入。

アルバムタイトル曲「Super Duper Love」がイギリスの女性ソウルシンガーJoss Stoneにより、
2003年にカバーされ大ヒットしたが、
そのオリジナルVer.がやはり本アルバムの目玉であることは一目瞭然である。

タイトなリズムセクションの上を、シュガー・ビリーの幾分苦しそうなヴォーカルと、
トレモロがかったギターがからむ最高にかっこいい1曲で、
この曲目当てにこのアルバムを聞いても、損は無いと思う。

また他の曲はどうかというと、
70'sファンクのエッセンスをふんだんに盛り込んだ
「Too Much, Too Soon」、「Suger Pie」(JBそっくり!)や、
彼のルーツともいえるブルースや60'sサザンソウルを想起させる
「Don't Wait, Come To Me」、「Keep Movin' On」など良曲があり満足している。

また唯一のバラード「Love Bug」は、ファンクナンバーに比べ、より自然体に唄われており、
内面から湧き出るディープな黒汁に、思わず聴きほれてしまった。
posted by xylitol at 00:31| Comment(8) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。