2007年04月04日

The Chairmen Of The Board

chairmen1st.jpg

デトロイトのインヴィクタス・レコードを代表とする4人組、
チェアメン・オブ・ザ・ボードの1st(70年産)。

一応彼らはコーラスグループに属すると思うのだが、
各人とも他のグループで活動していたことから、
ソロシンガーの集合体のようなグループという印象を持つ。

H=D=Hの描く、60'sモータウンの名残りと70'sノーザンソウルの発展が、
このグループにより、実にバランスよく導きだされたのではないかと思う。

それが如実に表れたのが、しゃくり上げるような独特の鳴き声を持つ、
ジェネラル・ジョンソンがリードを取る数曲で見てとれる。

ノーザンソウルを代表する不滅の名曲「Give Me Just A Little More Time」はもとより、
同タイプの「Bless You」や、
クラレンス・カーターによりカバーされ大ヒットしたオリジナルの「Patches」、
フォートップスの輝かしい功績を称えたかのようなノーザンアップ「You've Got Me Dangling On A String」
と、見事に昇華されている。

また、ハイトーンのテナーが印象的なダニー・ウッズがリードを取る「I'll Come Crawling」や
「Tricked & Trapped」といったミディアムも魅力的な楽曲で良い。

アルバムの中には、ビートルズの「Come Together」や、
シナトラの「My Way」といったカバーが収録されており、
思わず首をかしげたくなってしまうのだが、
上記の名曲だけでも余りある作品ではなかろうか。
posted by xylitol at 23:48| Comment(5) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。