2007年03月29日

The O'Jays / I'll Be Sweeter Tomorrow  The Bell Sessions 1967-1969

o'jays-bell.jpg

オハイオ州出身のオージェイズがNYへ向かい、Bell Recordsにて、
1967年から69年にかけて録音した楽曲20曲を収録した編集盤CD
(2002年リリース)。

甘茶大王の異名を持つジョージ・カーが全面プロデュースしている。

このCDには、後のエスコーツやホワットノウツに歌い継がれることとなる、
「I'll Be Sweeter Tomorrow」、「I'm So Glad I Found You」、「I Dig Your Act」、そして
「Look Over Your Shoulder」といった甘茶名曲のオリジナルスウィーツが収録されており、

黒いツヤを持つエディ・リヴァートのリードボーカルやメンバーの卓越したコーラスワーク、
ポインデクスター兄弟らによる素晴らしいソングライティングに、
ストリングスやハープを全面に押し出したサウンド郡などが、
ジョージ・カーの手にかかり、ビタースウィートな世界が見事に完成されている。

上記4曲がどうしても耳にいきがちだが、他の曲も取り上げると、
「I'll Be 〜」同様、ポインデクスター兄弟のペンによるミディアムスロー「Love Is Everywhere」や、
ちょっぴりおセンチな気分にさせるノーザンアップ「I'll Be Seeing You」、

イントロのハープの使い方がいかにもジョージ・カーらしい「I Miss You」、
エディ・リヴァートの切羽詰った唄いっぷりに、男の未練タラタラぶりを垣間見た「You're Leaving Me」と
最高だ。
posted by xylitol at 23:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。