2007年03月22日

Revelation

revelation4.jpg

NY出身の4人組コーラスグループ、リヴェレーションの4枚目(80年産)。

リヴェレーションは今までに合計5枚のアルバムをリリースしているのだが、
内3枚(1.4.5枚目)がグループ名を冠したアルバムタイトルなので、非常にまぎらわしい。
ちなみにこの作品は4枚目で、Handshake移籍第1弾アルバムだ。

全9曲収録で、アップ・バラードと共に力作揃いで、

アップでは、
冒頭1曲目を飾る、当時NYで流行していたChicを彷彿とさせる傑作ダンサー「Feel It」や、
ビートルズの原曲をガラリと雰囲気を変え、ファンク調に料理した「Yellow Submarine」、
パティ・オースティン「Do You Love Me」や、アルトン・マクレイン&デスティニー「It Must Be In Love」
といったダンクラには及ばないものの、
スウェイビートで躍らせる「Stand Up」となかなか良い。

またスローでは、
ファルセットリードが情感たっぷりに熱唱する「Love Comes Around」や、
失恋の痛手と別れを切なくメロウな美メロで綴る正統派バラード「We Both Tried」が素晴らしい出来だ。

正直言ってしまえば、82年産5枚目『Revelation』のほうが出来としては軍配が上がるが、
当時のNYスタイルが手にとってわかる好盤ではなかろうか。
posted by xylitol at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。