2007年03月04日

Truth / Coming Home

truth.jpg

オハイオ州クリーブランド出身のトゥルース、唯一の作品(80年産)。
先日再発CDにて購入。

同郷の出身でもあるO'Jaysの影響を感じさせるグループだが、それもそのはずで、
この作品のプロデューサーが元O'Jaysのボビー・マッセイが担当していることもあり、
O'Jays同様、黒いツヤと力強さがみなぎった作品となっている。

全6曲収録と曲数が少ないが、
レオ・グリーンとラリー・ハンコックの気合十分のツイン・リードが、
アップ・スロウともに、十二分に堪能できるので満足できる。

アップでは、
フィリーソウルの芳しき香りと力強さを感じとることができるタイトル曲「Coming Home」や、
ラフなバリトンボーカルがイントロから聞くものを挑発し、
いやがうえにも上げさせてくれる、8分もの大作「International Dancing」が良い。

またスロウものでは、
ロイヤレッツの同曲を引用したと思われる、
ラリー・ハンコック渾身の一作「It's Gonna Take A Miracle」や、
マイナーでブルージーな曲調が、情感たっぷりの2人のボーカルと共に昇華する、
これまた8分もの大作「Understanding」と、見事としか言うようがない。

現在このCDどこいっても売り切れらしいのだが、
これだけの力作であれば、無理もないだろう。
posted by xylitol at 19:09| Comment(9) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。