2007年02月18日

Revelation

revelation5.jpg

NY出身の4人組、リヴェレーション通産5枚目のアルバム(82年産)。

80年初頭に流行ったブラック・コンテンポラリーのレベルの高いサウンド群と、
彼らの卓越したコーラスワークが見事に合致した作品だ。

プロデュース、アレンジメントはトムトム84ことトーマス・ワシントンが担当。
彼はEW&Fのアレンジ仕事をしていたこともあり、
所々彼らのサウンドを彷彿とさせるあたりが非常に興味深い。

全11曲収録で、「Holdin' On」や「Caught In The Middle」のアップ曲も良いのだが、
やはりスローものが最高なので取り上げる。

まずは「Without Love」。
EW&Fのヒットバラード「After The Love Is Gone」か?と思ってしまうような1曲だが、
こちらも本家と負けず劣らず胸を締め付ける最高なバラードだ。

また、ファルセット・リードが切実に歌う正統派バラード「It's That Time」
(最初女が歌っているものかと思ってしまった)や、

丁寧に歌うテナーの歌声が徐々に熱を帯びていく「I Never Forgot Your Eyes」と申し分ない。
posted by xylitol at 23:20| Comment(6) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。