2006年12月08日

The Different Shades Of Brown / Have A Heart

dsob.jpg

幻のグループThe Different Shades Of Brown(以下DSOB)の編集盤CD(2006年リリース)。
先日ディスクユニオンにて購入。

CDの内訳は、DSOBとしてモータウンから73年にリリースされたシングル1曲に、
Lovemakers名義としてIsland Recordからリリースされた3曲、
70年代の未発表曲5曲に、新録と思しき5曲の、合計14曲収録。
(もしかして曲の内訳数がちょっと違うかも・・・)

まずはなんといってもモータウン皿「When The Hurt Is Put Back On You」であろう。
このCDの注目曲であり、DSOB名義でリリースされた唯一の収録曲だ。
切ないピアノのイントロに、はかなすぎるファルセット、強調されたサビのメロディーライン、
そして最後のコーダでのバリトンとファルセットが絡み合うさまは、
まるで短命な花が最後の力を振り絞って咲き乱れるかのごとく、はかなく素晴らしい!
しかしこの曲の音源がやたらと音が悪く、まるでブート音源のように音がこもっていてよろしくないのだ。
素晴らしい甘茶曲だけに、もっと良い音で聞きたかったなぁ〜
ちなみに先日山下達郎氏のSSBでOAされた模様をzoukyさんがレビューしてます。(こちらで

Lovemakers名義の3曲はどれもアップもので、
ノーザンのりのかわいらしい「When You're Next To Me」が良い。

70年代の未発表5曲の中では、
スティービー・ワンダーを意識したと思われるメロウテイストのバラード「Farewell Love」と、
ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツの「二人の絆」を下敷きにした
甘茶バラード「Close,Close」の2曲が出色の出来で満足だ。

新録と思しき5曲の中では、
60'sのドゥーアップを再現したようなタイトル曲「Have A Heart」がなかなかの好曲に仕上がっているが、
リック・アストリーの「Never Gonna Give You Up」を、
「Girl,We Ought To Be Together」(これもカバーなのかな?)と
うまくマッシュアップさせカバーした一品がなかなか面白く、
新録の中ではこの曲が一番の出来だと思う。

最後に全体の印象についてなのだが、
このCDの音源のレベルが曲によりまちまちなので、
アルバム通してじっくり聞く作品というよりかは、
ちょっと風変わりなソウルコンピとして接するといいかも知れませんね。
posted by xylitol at 22:35| Comment(17) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。