2006年11月15日

The Manhattans / A Million To One

manhattans3.jpg

マンハッタンズ72年産4枚目。
脳腫瘍で亡くなったジョージ・スミスからジェラルド・アルストンにリード・ヴォーカルが代わり、
南部メンフィスにて録音されたアルバム。

サム・クック直系の伸びやかで芯のあるジェラルド・アルストンの安定した歌声が、
この時点で完成されているのが驚きだ。

やはり素晴らしいリードを堪能するにはバラードが欠かせないが、
タイトル曲「A Million To One」のシンプルでいて深みのある味わいは何事にも変えがたく、
何度となく聞いては、心の奥底をゆさぶられてしまうほどの傑作バラードに仕上がっている。

他にもウィンフレッド”ブルー”ラヴェットが手がけた「One Life To Live」や、
せつないメロが胸を打つ「It's The Only Way」、「Cry If You Wanna Cry」など、
半数を占めるミディアム〜スロウナンバーの出来が最高で、
決して甘さだけに流されない正統なソウルバラードが堪能できる。

またアップでは、ノーザンテイストの「I Can't Stand For You To Leave Me」が良い。
posted by xylitol at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。