2006年09月11日

Brief Encounter / We Want To Play

briefencounter.jpg

ノース・キャロライナを拠点として活動していたブリーフ・エンカウンターの81年産アルバム。
先日再発CDにて購入。

『Soulful Thangs Vol.3』収録の「Where Will I Go」がなかなかの甘茶曲だったので、
アルバムにはそれを凌ぐ甘茶曲があるのではないかというスケベ心で購入したが・・・

バラードは2曲あり、「Together In Love」がそれにあたる。
雰囲気はあるものの、抑揚の無いメロディーが右から左に素通りしてしまい、
つかみどころが無く、まったくもって残念だ。

もう一曲「Now I Know I Love You」はアコギ一本(しかもアルペジオ)で歌うフォークで、戸惑いを感じる。

あとは数曲の煮え切らないFUNKで構成されている。

そんな中でも「Since I Met You Girl」がファルセットで決めたさわやかダンサーでなかなかの美味なのだが、
これから盛り上がるっていうところで、何故かフェイドアウトしてしまうのだ。

どーゆー事?それ。
posted by xylitol at 21:45| Comment(5) | TrackBack(0) | FUNK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。