2006年09月09日

Rhythm Machine

rhythmmachine.jpg

USBDGの究極レア盤で紹介されていたRhythm Machine唯一のアルバム(76年産)。
先日再発CDにて購入。

全体の出来については、あれこれ言われているような、騒ぐほどのものではないと思う。
ファンク曲もスロー曲も、まぁ〜平均の水準ではないだろうか。

ファンク曲は「Lil's Place」、スローでは8分以上にもわたる大作「Brenda And Me」が良い。

また、橋本徹が跳んで喜びそうなフリーソウル風味の「Put A Smile On Time」がさわやかで美味しい。

こういった闇にうもれていた激レア盤がCD化されることは喜ばしいことなのだが、
あまりに過度に期待してしまうと痛い目に遭う、そんな一枚だ。

ネオンパークさんとさんもこのアルバムのレヴューしてますので、勝手に貼らせてもらいます。

posted by xylitol at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | FUNK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。