2006年09月08日

Chaz

chaz.jpg

ピッツバーグ出身のファンクバンドChazの83年産アルバム。

いわゆるローカルのヴォーカル&インストグループだが、
アルバム全8曲中4曲のスロー・バラードがやるせなく、いい味出していて、とても良いのだ。
ちなみに4曲ともファルセットで決めてくれている。

EW&Fの影響を受けてはいるものの、冒頭の「Hey Baby...」の語りから、
甘茶好事家をうならせること間違いないメロウチューン「Tell Me Your Name」や、
よりムーディーに攻めたラヴバラード「Tell Mommy」、

ポップ調のミディアムテンポとホーンセクションのメリハリ感が気持ちいい
「Baby Let Me Be The One」、

そして、やるせないメロディーで求愛を歌う正統派甘茶「I Want To Talk To You」と
ファンクじゃなくて、こちらで勝負したほうがいいのではと思ってしまうほど、
スローに突出した一枚だ。
posted by xylitol at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | FUNK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。