2006年09月06日

The Manhattans

mannhattans1.jpg

マンハッタンズ76年産傑作アルバム。
彼らの人気を決定付けた一枚だ。

ディスコの波が押し寄せる最中に、全10曲中バラードが7曲というのも、
彼ら自身から来る自信の表れに違いない。

このアルバムのプロデューサーはボビー・マーティンなので、
一発でフィリーサウンドだとわかるのだが、
よりコーラスグループとしての輪郭をくっきり出すためなのか、
フィリー特有のキラびやかさが一歩引いた形になっている。

不倫の末、別れを選択した男の心情を描いた傑作「Kiss And Say Goodbye」や、
地味ではあるが「Take It Or Leave It」「Hurt」と
バラードの代表曲が並ぶ。

またニューヨーク録音3曲も派手さはないが、EW&Fの「Reasons」のカバーや、
胸キュンな「La La La Wish Upon A Star」とコーラスグループとしての完璧な形を提示している。

ジェラルド・アルストンの安定したリード・ヴォーカルと
ウィンフレッド・ブルー・ラヴェットの特徴的なベース(&語り!)、
そしてキャリアを積み上げてきた最高のコーラスワークを十二分に楽しめる一枚だ。
posted by xylitol at 00:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。