2006年08月31日

Magnetic Touch / Falling In Love With A Dream

magnetic.jpg

正体不明のグループ、マグネティック・タッチの唯一の作品(78年産)。
プロデュースはパトリック・アダムスとグレッグ・カーマイケルのコンビ。

全6曲しか収録されていないうえ、曲ごとによってシンガーが変わるので、
パトリック・アダムスの仕事集っぽいアルバムだが、
どの曲も甘さを加味したダンサーに仕上がっていて良い。

ズンドコリズムに甘さをコーティングさせたタイトル曲「Falling In Love With A Dream」や、
力強いストリングスとリードとコーラスが見事な擬似フィリー「Just In The Nick Of Time」、
メロディー、テンポ、女性コーラスともに最高級の点数を上げたい「Let's Make Love」など
思わず腰が浮き足立ってしまうこと必至だ。

ところどころチープなシンセが入っていたり、
湯村輝彦氏のイラストのようなジャケだったりと、
とても微笑ましくも「いなたい」一枚だ。
posted by xylitol at 23:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。