2006年08月27日

The Trammps / The Legendary ZING Album

trammps.jpg

フィリーサウンドを身をもって体現したトランプスのブッダ盤
(75年リリースだが72年産)。

72年にリリースされたシングル盤に未発表を加えたアルバムで、全8曲入り。
まだディスコに犯される前のフィリーダンサーが堪能できるのだが、やたらインストが多く、
グループの人気にあやかって無理くりアルバム1枚に仕上げた感がぬぐえない。

確かにこのグループ、ドラムのアール・ヤングが中心となったヴォーカル&インストバンドだし、
MFSBが深くかかわっている関係で、こうならざるを得ないのはわかるのだが、
パワフルで艶のあるジミー・エリスのヴォーカルをもっとフューチャーして仕上げて欲しかった。

しかし、のちに「Trammps Disco Theme」になる「Penguin At The Big Apple」は胸躍る最高のインストだし、
(詳しくはzoukyさんのこちらで
軽いシャッフル・ビートがかわいい「Hold Back The Night」や、
強靭なビートで迫る「Pray All You Sinners」など、
フィリーのうまみ成分が濃縮された、好きモノには見逃せない一枚だ。
posted by xylitol at 21:55| Comment(3) | TrackBack(0) | SOUL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。