2006年08月01日

Dyson's Faces

dysonsfaces.jpg

ダイソンズ・フェイセスの75年産1stアルバム。
先日再発LPにて購入。

こうした激レアな作品が再発され、また、手ごろな値段で買えるのだから、
音が多少悪くても、聞けることに対しとても感謝している。

全7曲中3曲が甘茶バラードで、
クリフトン・ダイソンのダイナミックなボーカルが炸裂する傑作!
「Don't Worry About The Joneses」の素晴らしさに、無条件でヤラレてしまう。
また、繊細なメロディーにソフトなコーラスが覆う「Happy Days Again」と
「Wait A Minite Girl」がそれに準ずる内容。

アップテンポでは、元気ハツラツとした「Welcome To All This Love Again」と「We're Two Fools In Love」が
春を感じさせるポップなテイストで、うきうき・わくわくした気持ちにさせてくれるのがとても良い。

オリジナルの形でCD化されること願ってます。
posted by xylitol at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 甘茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。